ホーム > イベント > 第2回 食・触コンソーシアム シンポジウム を開催します。

第2回 食・触コンソーシアム シンポジウム を開催します。

日時:2019年1月23日(水)14:00-17:20/場所:つくば国際会議場

生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム(食・触コンソーシアム)は、産総研、筑波大学、東京大学が中心になり、企業・大学・公的研究機関の技術交流の場を提供することにより、様々な生物資源の高機能化・高付加価値化についての技術・情報の収集・提供・交換・共通認識形成を図り、生物資源の実用化・産業化を推進させることを目的としています。

本シンポジウムでは、様々な未活用生物資源の高付加価値技術に着目して、機能性食品や化学製品などへの製品開発に向けた展望について、3名の講師の先生方に話題提供いただきます。

◇第2回シンポジウム(パンフレットPDF:402KB)
-未活用生物資源からの高付加価値化技術を利用した製品開発に向けて-
日 時:2019年1月23日(水)14:00-17:20
会 場:つくば国際会議場 3階小会議室303(つくば市竹園2-20-3)(アクセス
参加費:無料  ※事前登録制

◇交流会
日 時:同日17:30-19:30
会 場:つくば国際会議場 1階レストラン エスポワール
参加費:調整中  ※事前登録制
(当日、シンポジウム受付にて申し受けます)

◇プログラム詳細
13:30-14:00

受付

14:00-14:05

開会挨拶
食・触コンソーシアム会長
産総研 触媒化学融合研究センター長  佐藤 一彦

14:05-14:15

ご挨拶
経済産業省 産業技術環境局 研究開発課
エネルギー・環境イノベーション戦略室  根本 耕司

14:15-15:05

講演➀
「バイオを活用した高付加価値素材の開発と事業化
-KAITEKIの実現を目指して-」
三菱ケミカル株式会社 高機能ポリマー企画部 技術室  佐野 浩

15:05-15:35

休憩

15:35-16:25

講演②
「個性化と受容性を重視した
地域生物資源からの有価物製造プロセスの構築」
食品産業技術総合研究機構 食品研究部門
食品生物機能開発研究領域 生物資源変換ユニット長  徳安 健

16:25-17:15

講演③
「Biomass-to-Chemicalsの意義と技術的・経済的課題」
九州大学 炭素資源国際教育研究センター長  林 潤一郎

17:15-17:20

閉会挨拶
食・触コンソーシアム副会長:筑波大学 生命環境系/北アフリカ研究センター 教授
産総研 触媒化学融合研究センター クロスアポイントメントフェロー  礒田 博子

17:30-19:30

交流会

◇お申し込み方法
下記情報を参加登録ML宛にメールでお知らせください。
お申し込み締め切りは2019年1月15日(火)とさせていただきます。

件名:第2回食・触コンソーシアムシンポジウム参加登録
1.ご所属・役職
2.ご氏名
3.参加(シンポジウム、交流会)←不参加の項目は、削除願います。
4.メールアドレス

※参加登録メール送信先:shoku-shoku.sanka-ml[at]aist.go.jp
[at]を@に変更してください。

 

◇お問い合わせ先
〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 つくば中央第5-2
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター
食・触コンソーシアム事務局

E-mail:shoku-shoku.sec-ml[at]aist.go.jp  [at]を@に変更してください。
TEL:029-861-9452 / FAX:029-861-4498

皆様のご参加をお待ちしております。

国立研究開発法人産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター
生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム事務局
E-mail:shoku-shoku.sec-ml[at]aist.go.jp( [at] → @ )