ホーム > イベント > 第3回 食・触コンソーシアム シンポジウム を開催します。

第3回 食・触コンソーシアム シンポジウム を開催します。

日時:2020年1月17日(金)13:00-17:30/場所:産業技術総合研究所つくばセンター

令和元年度第3回食・触コンソーシアムシンポジウムを開催いたします。
今回のシンポジウムでは今年度から開始いたします「産総研・筑波大食薬資源工学オープンイノベーションラボラトリ(OIL)」のキックオフシンポジウムを兼ねており、下記課題を本OILの主要3課題として、入手容易な生物資源を原料として用い、機能性食品および医薬品の開発や地域特有の生物資源を利用した新規産業創出を目指すことを目的としております。本シンポジウムでは、下記OILの主要3課題について関連する先生方にご講演いただきます。

---<OIL主要3課題>----------
①自然界に存在する生物資源が発現する新たな生理活性機能とその機能を発現する物質を細胞レベルおよび動物レベルで解明
②入手容易で安価な生物資源を原料とした、機能を発現する天然由来物質の製造プロセスの開発
③ヒト臨床研究による医学的エビデンスの取得
----------------------
 
 
◇第3回シンポジウム(パンフレットPDF:622KB)
―産総研・筑波大食薬資源工学オープンイノベーションラボラトリの推進に向けて―
日 時:2020年1月17日(金)13:00-17:20
会 場:産業技術総合研究所つくばセンター 共用講堂2階大会議室
   (〒305-8560茨城県つくば市東1-1-1 つくば中央)(アクセス
参加費:無料  ※事前登録制

◇交流会
日 時:同日17:30-19:30
会 場:産業技術総合研究所つくばセンター 厚生別棟B ピクニック食堂
参加費:4,000円  ※事前登録制
(当日、シンポジウム受付にてお支払いください)

◇プログラム詳細
13:00-13:30

受付

13:30-13:35

<シンポジウム開会挨拶>
産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター長
生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム 会長
佐藤 一彦

13:33-14:05

<産総研・筑波大食薬資源工学オープンイノベーションラボラトリ概要説明>
筑波大学 地中海・北アフリカ研究センター長
テーラーメイドQOLプログラム開発研究センター長
生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム 副会長
産総研・筑波大食薬資源工学オープンイノベーションラボラトリ ラボ長
礒田 博子

14:05-15:05

<話題提供1>
「アンチエイジング活性を有する生物資源の探索系の開発とその機能性の分子基盤解明」
九州大学 大学院農学研究院 生命機能科学部門
システム生物工学講座 細胞制御工学分野
片倉 喜範

15:05-16:05

<話題提供2>
「機能性食品のヒト臨床試験での評価と生物資源の医薬品開発の可能性」
筑波大学医学医療系
橋本 幸一

16:05-16:25

休憩

16:25-17:25

<話題提供3>
「海洋シアノバクテリア由来の生物活性物質」
慶應義塾大学理工学部化学科
末永 聖武

17:25-17:30

<閉会挨拶>
産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター 官能基変換チーム長
産総研・筑波大食薬資源工学オープンイノベーションラボラトリ 副ラボ長
富永 健一

17:30-19:30

交流会

◇お申し込み方法
下記情報を参加登録ML<shoku-shoku.sanka-ml[at]aist.go.jp [at]=@>宛にメールでお知らせください。
お申し込み締め切りは2020年1月10日(金)とさせていただきます。

件名:第3回 食・触コンソーシアム シンポジウム参加登録
1.ご所属・役職
2.ご氏名
3.参加(シンポジウム、交流会)←不参加の項目は削除ください。
4.メールアドレス

 

◇お問い合わせ先
〒305-8565 茨城県つくば市東1-1-1 つくば中央第5-2
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター
食・触コンソーシアム事務局
E-mail:shoku-shoku.sec-ml[at]aist.go.jp  [at]を@に変更してください。
TEL:029-861-9452 / FAX:029-861-4498

皆様のご参加をお待ちしております。

国立研究開発法人産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター
生物資源と触媒技術に基づく食・薬・材創生コンソーシアム事務局
E-mail:shoku-shoku.sec-ml[at]aist.go.jp( [at] → @ )